高校生の私の天敵である胸ニキビを治すために

私は高校2年生です。胸と背中にニキビがあります。
初めて顔以外の場所にニキビができたのは、中学3年生の初めのころでした。
私はニキビ体質です。兄弟でニキビ体質なのです。
兄は顔と尻に、私は胸と背中といった感じで場所は異なりますがたくさんニキビができていました。
今も少しできています。でも、本当に困っているのはニキビができることではなく、ニキビの跡です。
もう少なくとも5年ほど胸ニキビと付き合っているのですが、なかなか消えてくれません。

体にニキビ跡があると結構コンプレックスです。
人前で簡単に着替えるのも恥ずかしいですし、海やプールにも行きたくても行けません。

そこで私は、ニキビを予防すると同時にニキビ跡を消す努力を毎日しています。
そう難しいことではないので実際にやっていることを紹介します。

私が一番大事にしていることは入浴です。毎日湯船につかるようにしています。
なぜ湯船につかることが大事かというと、湯船につかることで肌が柔らかくなって体を洗ったときに汚れが落ちやすくなるからです。
ある動画サイトで皮膚科の医師が「最近ニキビに悩んでいる人は大体お風呂に入る習慣がなくて、肌が固まってしまっているんですよ」と言っていました。
それを聞いたとき、自分に言われているような気がしたのが入浴を始めたきっかけです。
実際にやってみたところ、結構肌の質が改善しました。
肌が滑らかになったことに加えニキビが新しくできることは少なくなりました。
やはり入浴の文化が失われている現代ですが、肌をきれいにしたりニキビ予防するためには入浴はとても大事だと私は考えています。

入浴以外にも体専用のタオルで優しく丁寧に洗うことや、お風呂上りに適量の保湿クリームで肌を守ることが重要です。
クリームは、母の姉に勧められたこちらを使うようにしています。
【胸ニキビ高校生】

クリームもまだ使い始めたばかりなので劇的な変化はありませんが、肌が常に保湿されていて、なんだかいい感じです!
とにかくニキビができる時は肌が汚れていたり、その汚れが落ちにくい状況にあったりすることがほとんどなので、まずは入浴の習慣をつけて体をしっかり洗うということをやってみるといいと思います。

カテゴリー: blog